キーワード「原状回復工事」関連の口コミ

依頼種別
その他
満足度
星5つ
施工エリア
京都府

O.Sさんの場合

私の両親は、小さな賃貸アパートを経営しています。アパートの住民が部屋を出ると、必ず原状回復工事が必要になります。原状回復のためには結構お金もかかるのですが、新たな借主を探すためには、どうしても行わなくてはならないのです。


幸い、懇意にしている工務店が近くにあり、工事はその店にお願いしています。今回も、原状回復として、壁紙を交換してもらいました。良心的なお店なので、残せる場所は、手を付けずに、工事を進行させてくれました。

U.Yさんの場合

これまで住んでいた賃貸マンションを引き払うことになったので、物件の原状回復工事を業者に依頼しました。事前に大家さんとどの程度のまで回復してもらうのかを打ち合わせしておき、その内容を業者の人に伝えました。


依頼していた業者がしっかりとしていて、業者と大家さんの間でもしっかりと確認をしてもらえたので余分な工事がなく終わりました。しっかりと打ち合わせをしてくれる会社を選んだのでお互いにとって気持ちのよい工事でした。

S.Tさんの場合

賃貸マンションに1人暮らしをしていましたが、住んでいる時に室内のインテイアの変更や壁に穴を開けるなどしていました。結婚が決まり、マンションを出ることになった時に、部屋の原状回復をするため、専門業者さんに依頼を出しました。


依頼をした業者さんに立ち会ってもらい、大家さんに原状回復する範囲を確認しました。範囲を確認してもらい、見積を出してもらいました。見積もり額を確認して、原状回復工事を実施してもらいました。期間は1週間かかりました。
依頼種別
スケルトン工事
満足度
星5つ
施工エリア
茨城県

E.Yさんの場合

数人の仲の良い友人で集まりお金を出し合って作ったゲーム会社の事務所も時間が経つにつれて返却時期が近づきお別れをする時が来ます。  私たちにとっても特別な思い入れのある場所だからこそ綺麗な形で返したくプロに仕事を頼んでいます。


 原状回復工事と言うとんと思う方もいるかもしれませんが簡単に言うと元の綺麗な形に戻して貰うことが出来ます。傷や汚れなども綺麗にしてもらえます。  見積もりも無料で手際の良い仕事で、数時間で見違えるほど綺麗にしてもらえています。

F.Tさんの場合

事務所を移転することになり、ビルのオーナーとの話し合いで原状回復工事が必要になりました。入居後に設置した間仕切りや照明設備など、どこまで回復義務があるのか分からない事だらけです。まずは業者を急いで決めなくてはなりません。


依頼した業者から平面図の用意やオフィスの規模、物件の引き渡し予定日を知らせるよう言われました。その結果時間的にかなり厳しい日程であることが分かりましたが、迅速な対応で無事に工事は終わり、オーナーのチェックもパスしました。

D.Hさんの場合

毎月家賃を払う賃貸の事務所をお借りしていましたが、長年借りていたために汚れなどが部屋に付着しています。現状回復工事を業者にお願いし、今の状況を素早く綺麗にして頂きたいと思っていました。業社は希望通りすぐに対応されました。


また、隅々まで綺麗にして頂き、原状回復が行われ、無事に家主に引き渡すことができました。綺麗だったので敷金も戻ってきたので安心しました。 原状回復工事業社の方は価格も大変安く抑えてくれたので助かりました。

A.Uさんの場合

事務所を引っ越すにあたり、解約の申し入れをしたときに、家主さんから原状回復工事は指定業者を使うように指示がありました。賃貸借契約書に「特段の理由がない限り、原復工事は貸主指定業者を利用すること」と記載がありました。


そういえば入居したときにも家主さんの指定業者にお願いして施工してもらったことを思い出しました。金額が高くなるのか心配でしたが、ビルを一番熟知しているので必要最低限の工事で済ませ、家主さんもOKが出たので助かりました。
依頼種別
スケルトン工事
満足度
星5つ
施工エリア
大阪市

U.Yさんの場合

賃貸マンションの物件を借りてしばらく生活をしています。長いこと住んでいると床に気がつかない汚れやシミなどが沢山見つかっています。洗濯機の下などにもカビが生えていたりなどと見えないところに色んな汚れが出てきます。


 原状回復工事と言って新築の何もない状態にして貰うことが出来ます。見積もりも無料で、アパートの状態を見てどこをどうするか等を詳しく説明してもらえたのに迅速に作業に取り掛かって貰っています。気持ちよく返却出来ています。

T.Yさんの場合

以前賃貸マンションから引越しをする際に、原状回復工事を業者にお願いしたことがあります。費用はそれなりにかかりますが、この費用をある程度抑えることもできます。その方法とは、見積もりを複数の業者にお願いすることです。


複数の業者に見積もりをお願いすることで、相場がどの程度なのか知ることもできますし、業者と直接話すことでその業者が信頼できるかある程度知ることもできます。皆さんも工事の必要があった場合は参考にしてみて下さい。

F.Uさんの場合

子供の頃から私は、大切に物を扱うことができません。親に買ってもらった人形も、手足をすぐにちぎってしまったし、学校の机もわざと傷つけて遊んでいました。そして、その悪癖は、賃貸住宅にも及ぶことになりました。


引越しの時、部屋の壁は黒ずんでいて、床には椅子を引きずった引っかき傷がありました。業者に原状回復工事を依頼したのですが、その費用は高く払うことができません。しかし、優しい業者だったおかげで、半額にしてもらえました。
このページの先頭へ